スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクルゴミ(生ごみ)の堆肥化

2013/01/28 Mon

あさぎり町有機センターの指定管理者になり
管理・運営をはじめて4ヶ月が経とうとしている。

そもそも指定管理者に選ばれた理由は
町内の生ごみを堆肥化し、ごみの減量を達成し、
生ごみを焼却することによる町の負担金を減らし、
環境にもやさしい町づくりへの貢献をしたいとの思いが
伝わったということかな…。

生ごみの堆肥化は、臭いの問題・発酵における水分の問題等
過去に挑戦した自治体が、多く撤退するほど難しいと言われている。

モデルケースとして昨年11月末から12月中旬にかけて、町内5地区の生ごみの
回収堆肥化が次々に始まり2ヶ月になる。
今までに約9tの生ごみが、戻し堆肥を混合し発酵熟成している段階である。

順調に発酵に導いた要因の一つに、光合成細菌とバチルス菌の活躍が
考えられます。
培養小屋

手作りで培養小屋を建築し、自社で培養しています。

まだまだ生ごみの量が少なく、また完熟へはまだ時間を要しますが、
製品化するのを楽しみに、そして励みに思いあさぎりにてがんばってます。



あっ…そうそう。生ごみ堆肥化の問題…もう一つ。
「異物混入」………お願いするしかありません。
町民のみなさん、よろしくお願いします。













スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。